沿革
沿革
沿革
沿革
 -

沿  革

和暦 ・ 西暦 月   出来事
明治13年 ・ 18808 月 初代店主逸見勝誠が広島県西条町において野菜缶詰を試製(当社創業)。
  17 ・ 18849 月 日霞印販売開始。「見崎商店」として東京市京橋区日吉町に開業。
  18 ・ 18858 月 店名を「山陽堂」に変更。
  19 ・ 188612月 京橋区南伝馬町に小売部「青陽堂」を開業。缶詰、パン、輸入食料品、洋酒の販売も行なう。
  21 ・ 18882 月 京橋区尾張に店舗移転、山陽堂と青陽堂を合併して「逸見山陽堂」と改名。
3 月 広島市大手町に缶詰エ場増設、牛肉日本煮(やまとに)考案創製。
  22 ・ 18895 月 店舗を京橋区銀座に移転。
  26 ・ 18936 月 店舗を日本橋区大伝馬町に移転。
  32 ・ 18992 月 広島市観音村に新工場建設。
  33 ・ 19003 月 資本金3万円の「合名会社逸見山陽堂」に改組。
  37 ・ 19048 月 勝誠死去、長男斧吉が家業を相続。
  38 ・ 19055 月 合名会社逸見山陽堂を改組し、斧吉の個人経営に改める。
大正 7 ・ 19185 月 「株式会社逸見山陽堂」設立、資本金15万円、代表取締役、逸見斧吉。日曜休日を実施。
  10 ・ 1921 店員宿舎を増設し、夜間の「学庭」を始める(講師を招いての実務教育)。
  11 ・ 19227 月 上野公園で開催された平和記念東京博覧会に出品した「敷島漬」(福神漬)「松茸煮」缶詰が金賞牌を受ける
  12 ・ 1923 7月 関東大震災により店舗焼失、仮店舗建築。 
昭和元年 ・ 1926 9月 「サンヨー・SUNYO」印の商標を登録。
   4 ・ 1929 このころから「サンヨー印」の缶詰登場(桃・びわ・洋梨など)。
   5 ・ 1929 東京缶詰同業組合組長に就任。
   8 ・ 1933 四菱食品と共同でフルーツポンチ開発。
   9 ・ 1934 1月 山陽堂商報(後・緑風)発刊する。
  14 ・ 1939 10月 全国缶詰業組合連合会会長に就任。
  15 ・ 1940 4月 天津出張所開設。
7月 斧吉の死去に伴い、代表取締役に島慶三就任。
統制経済となり缶詰も24年に解除になるまで統制商品となる。
  20 ・ 1945 12月 天津出張所を占領軍に接収され閉鎖。
  21 ・ 1946 6月 門司出張所出張所開設。
  22 ・ 1947 7月 「店是五条」制定。
12月大阪出張所開設し神戸出張所閉鎖。
  24 ・ 1949 5月 門司出張所閉鎖、大阪出張所に吸収。
  25 ・ 1950    サンヨー印でみつ豆発売。
3月 代表取締役に内田武夫就任。 缶詰の技術研究の振興に「逸見賞」制定。
  33 ・ 1958 10月 代表取締役に森下巳春就任。
  38 ・ 1963 5月 代表取締役に沢田正順就任。
11月 本店社屋を現在地に移転。
  40 ・ 1965 1月 売上105億円で初めて100億円台に乗る。 「社史85年の歩み」発刊。
  41 ・ 1966 3月 関連会社サンヨー商事㈱設立。
  42 ・ 1967 5月 「緑風」第三種郵便物認可得る。
6月 大阪守口市に大阪配送センター開設。
  43 ・ 1968 12月 福岡事務所開設。
  46 ・ 1971 2月 冷凍食品取扱始める。
12月 代表取締役社長に渡辺明、同副社長に中山良助就任。板橋配送センター開設。
  47 ・ 1972 2月 株式会社サンヨー堂に社名変更。
  48 ・ 1973 10月保険代理業・中央山陽㈱設立。
12月 代表取締役に松村義雄就任。
  49 ・ 1974 4月 事務部門での電算化始める。
5月 東京・江戸川区に東部配送センター開設。
  54 ・ 1979   当期売上500億円突破(522億円)。
  55 ・ 1980 8月 創業 100周年を迎える。資本金を4億5,000万円に増資。
  57 ・ 1982 1月 代表取締役に小岩井清三就任。
9月 福岡市中央区那の津に福岡支店(兼配送センター)新築移転。
  58 ・ 1983 2月 缶詰品評会でサンヨーマッシュルーム缶詰、農林水産大臣賞を受賞
  60 ・ 1985 2月 サンヨーあんず缶詰農林水産大臣賞を受賞
8月 越谷に配送センター開設
11月 第7回食品産業優良企業流通部門で農林水産大臣賞を受賞
  61 ・ 1986 1月 代表取締役に鈴木定範就任。
7月 食品VAN(付加価値通信網)の「ファィネット」に参加、冷食分野で稼働。
  62 ・ 1987 8月 代表取締役に野老利男就任。
平成元年 ・ 1989 2月 缶詰品評会でサンヨーびわ缶詰に農林水産大臣賞、みかん缶詰農水省食品流通局長賞受賞。
  2 ・ 1990 4月 越谷に埼玉営業所(配送センター)開設。
6月 新副都心錦糸町にサンヨー堂錦糸ビル竣工、本店・東京営業本部関連支店移転。
  3 ・ 1991 2月 缶詰品評会でサンヨーオイルサーディン缶詰に農水省食品流通局長賞、たけのこ缶詰に日本缶詰協会長賞受賞。
12月 日本橋ビル竣工。
  5 ・ 1993 2月 缶詰品評会でサンヨー杏仁フルーツサラダ缶詰が農水省食品流通局長賞受賞。
  6 ・ 1994 1月 代表取締役に深澤治就任。
3月 缶詰品評会でサンヨー杏仁フルーツサラダ缶詰が農林水産大臣賞、はっさく缶詰に農水省食品流通局長賞受賞。
  7 ・ 1995 2月 缶詰品評会でサンヨーオイルサーディン・りんご缶詰が農水省食品流通局長賞受賞。
  9 ・ 1997 2月 缶詰品評会ではっさく缶詰に農林水産大臣賞。
  11 ・ 1999 2月 缶詰品評会でサンヨーマッシュルーム缶詰が農林水産大臣賞受賞
  12 ・ 2000 1月 創業 120周年を迎える。代表取締役に就任。
  15 ・ 2003 2月 缶詰品評会でサンヨーびわ缶詰が農水省総合食料局長賞受賞。
  17 ・ 2005 10月 レトルト食品品評会でサンヨー果実ゼリー(洋梨)が農林水産大臣賞受賞
  18 ・ 2006 2月サンヨー白桃が缶詰品評会で農林水産省総合食料局長賞受賞
  22 ・ 2010 1月代表取締役社長に宗像善昌、代表取締役会長に就任。
  26 ・ 2014 1月代表取締役社長に島垣研二就任。